2005年10月29日

今回は誰でしょうか?


それは、この方です。

菅 家 このたびはぬさもとりあへずたむけやまもみぢのにしきかみのまにまに

posted by song at 17:30| Comment(1) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
はじめまして、トラックバックありがとうございます。
百人一首を紹介してらっしゃるblog、初めて拝見しました。デザインもとても素敵ですね!
学生の頃、文学部の日本文学科だったので、とても懐かしい気持ちになりました。
また遊びにうかがわせてください。
Posted by まり at 2005年10月30日 19:46
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/8729589

この記事へのトラックバック

春の雪
Excerpt:  瀬を早み 岩にせかるる滝川の われても末に あはむとぞ思ふ  とは、百人一首にある崇徳天皇の有名な和歌。  意味は、滝川の水は岩にぶつかると流れが1つから2つに分かれるけれども、すぐにまた1..
Weblog: やまとなでしこ雑記帳(改)
Tracked: 2005-10-30 19:46
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。