2005年08月29日

今回は誰でしょうか?


それは、この方です。

壬生忠見 こいすてふわがなはまだきたちにけりひとしれずこそおもひそめしか

posted by song at 17:30| Comment(0) | TrackBack(3) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

恋すてふ我が名はまだき立ちにけり
Excerpt: 以前にも書いたことがあるが、私は大学時代に百人一首の研究会に所属していた。 専攻は中世和歌文学だ。 初めは、「ぼうずめくり」をする研究会かと思っていたのだけれど、実はそうでなく、歌自体を研究する研究会..
Weblog: −それでも私は生きている−
Tracked: 2005-09-20 23:32

百人一首から映画『春の雪』を読み解く
Excerpt: 行定勲監督の映画『春の雪』は、三島由紀夫の原作にはないさまざまなシーンを創作し、話のなかに挿入している。そうしたもののなかでもっとも成功しているものは、プロローグの百人一首のシーンではないかと思う。 ..
Weblog: le monde lunatique
Tracked: 2005-11-01 11:45

便利サイト研究
Excerpt: インターネット広告&便利サイト研究です。 よろしく!
Weblog: インターネット広告&便利サイト研究
Tracked: 2006-07-07 22:19
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。